Home > Nature(自然) > 長良川 Archive

長良川 Archive

納涼台周辺の環境美化活動に参加しよう。

 5月の鵜飼開き前に納涼台下周辺を清掃して、今年は「麒麟がくる」で大変多くの観光客に長良川の素晴らしさを見てもらうためにも、市民の皆様の協力をお願いいたします。
納涼代周辺の環境美化活動.jpg

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

白山信仰と郡上

開催日:11月15日(木)雨天決行

集合場所:JR岐阜駅前団体バス乗降場

参加費・定員:40名  無料

〆切:11月2日(金)

持ち物:昼食・飲み物・雨具・健康保険証

応募方法:往復はがきに郵便番号・住所・氏名・電話番号及び「白山信仰と郡上」と明記の上『〒500-8076 岐阜市司町40番地5 岐阜市市民活動交流センター内・長良川文化フォーラム宛』まで郵送。Eメール/y13218h4@xj.commufa.jp

 

白山信仰と郡上_.jpg

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

納涼台周辺の環境美化活動

5月の鵜飼開き前に納涼台下周辺を清掃して、観光客の皆さんに、気持ちよく鵜飼を観覧して頂くために、美しい長良川にしたいと思い美化活動を企画しました。市民の皆様の協力をお願いいたします。

※日 時  平成30年3月17日(木) 9:00~11:30小雨決行

        雨天順延3月18日(日)なお、17日・18日延期の場合は3月24日(土)

※集合場所 岐阜市鵜飼観覧船事務所前

※内容  県道白金真砂線(納涼台下)の清掃活動

※駐車場 護国神社前の河川敷駐車場を利用してください

※持ち物 飲み物・軍手・各自持参

※清掃場所は、傾斜地につき、履物(長靴)清掃作業に適した服装でお願いします

※参加団体 岐阜森林管理署、岐阜土木事務所、岐阜市関係部課、金華山サポ-タ-ズ

※主催 長良川文化フォ-ラム

※問い合わせ 長良川文化フォ-ラム・柴田甫彦 (090-7697-3508)

 

  納涼台周辺の環境美化活動.jpg

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

親子で外来植物駆除作業

長良橋上流の河原は、以前は真っ白の河原でした、今は外来職物が繁茂しています、みんなの力で昔の砂礫河原(真っ白い河原)にするために、みんなの力が必要です、是非参加してみて下さい。

oyakodesagyu1.jpg oyakodesagyu.jpg  

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

特定外来魚駆除実験in長良川が行われました。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

発足15周年 竹の子まつりが今年も開催されました。

6月5日(日)子前10時~15時まで開催されました、この催しには、NHKぎふ、岐阜市広報でも取り上げられて大変な賑わいでした。この催しのメインは昼ご飯に竹の子ご飯が出ることと、子ども達に人気の竹を使った工作(竹笛・竹での箸づくり)等いろいろな工作に参加できること、でもね子どもそっちのけで親たちも大変ですよ。

takenoko-1.jpg

これは、風と土の会のこれまでの活動についてパネルで紹介しています。

takenoko3.jpg 子ども達、竹を使っての箸づくりに夢中です。

 

 

takenoko1.jpg

これは、竹笛づくりに挑戦中です。

 

takenoko.jpg

子ども達、いろんなものに挑戦中です。

 

takenoko2.jpg  

豊臣秀吉に習って野点です、ても金の茶室ではありません野点より竹点ですね。

 

takenoko4.jpg

これが、竹点ですなかなかのお手前で皆さんも来年は忘れないで来てくださいね、お待ちしています親さんは子どもを連れて、おじいさん・おばあさんは孫の手を引いて来てください。

 

 

 

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

長良川の支流吉田川でサツキマスの産卵が始まりましたよ。

sazukimasu.jpg
長良川流域子ども協議会で「子ども森の健康診断」を10月24日(日)10:00~12:00まで郡上市市有林(郡上市八幡町城山)長良川森の健康診断in郡上市実行委員会と郡上高校の協力で実施しました。
13:00~15:00までは、吉田川(郡上市八幡町在原)にて「長良川水系・水を守会」の協力でサツキマス産卵観察会を実施しました、この写真は観察会の様子です。


sazukimasu-1.jpg
この写真が、吉田川の在原での産卵床です。白い輪の中が産卵床です、赤磐の中にサツキマスが見えますよ、写真をクリックしてみて下さい写真が大きくなります。


sazukimasu-2.jpg
産卵床をもう少し拡大しました、白枠が産卵床、赤い枠の中がサツキマス、青い矢印の所に水中カメラがあります、これも写真をクリックしてね、大きくなりますよ。

sazukimasu-3.jpg
これが水中写真で、手前が雌です、奧が雄です婚姻色が綺麗ですね。



sazukimasu-4.jpg
これも同じですね、雌のお腹の所の婚姻色が素晴らしい。


sazukimasu-5.jpg
これは、雄がお腹をすり寄せて雌に産卵をうながしていますね。



sazukimasu-6.jpg

これが、産卵の様子です。
「長良川水系・水を守会」のホームページは
http://toshichans.com/blog/mt/mt.cgiです、クリックすると動画が見られますから、是非見て下さいね、全ての写真をクリックすると大きくなりますよ。



  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

長良川っこ集まれ!!志摩の海で森・川・海を体験しよう!

 

 

nagara_kids_2010_1.jpg

 

★参加申し込み方法
 ◆ホームページ◆葉書◆メール◆FAXのいずれかで申し込んでください。
  ①住所②参加者氏名③学校名・学年④保護者氏名⑤自宅電話
  ⑥緊急連絡先(保護者携帯番号が望ましい)⑦備考(バス乗降場所希望等)
 ◆締切  平成22年7月31日(土)【必着】 申し込み多数の場合は抽選となります
        参加者可否は、8月10日までに全員に連絡します
 ◆問い合わせ・参加申込先
  長良川流域子ども協議会事務局(森と水への技術研究会) 担当 野村
  〒500-8178 岐阜市清住町2丁目22番
  TEL/FAX:058-266-6388   Email :info@nagara-kids.com
    http://nagara-kinds.com/blog
 ◆スケジュール
  ☆8月23日(月)
  ◆長良川上流からの参加者
 7:50 郡上総合庁舎集合 8:00出発。途中道の駅「美並」、中農総合庁舎(美濃市)での乗降可能
  ◆長良川中流からの参加者
    8:20    JR岐阜駅前団体バス乗降場集合
  ◆長良川下流からの参加者
    9:20   桑名駅東口前集合  途中木曽三川公園(海津市)での乗降可能
  ☆2泊3日の活動プログラム =天候等により変更になることがあります
   23日24日に活動する「ともやま公園」は英虞湾に面し、植物や海辺の生き物の宝庫です。
   また、25日(水)は伊勢湾に面した、鳥羽市の「海の博物館」を見学します。
   海の体験活動を通じて、みんなの暮らす長良川の自然や未来、森・川・海のつな
   がりを考えます。
  ☆8月25日(水)交通時事用により前後することかあります
  ◆長良川上流からの参加者
      18:30  郡上総合庁舎到着  途中、道の駅「美並」、中農総合庁舎(美濃市)での乗降可能

詳細スケジュウルは、後日参加者には郵送します。

早く申し込んでくださいね。 抽選で漏れましたら御免なさい。
シバジーがまっています。
 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

木曽三川フォーラムが新しくなりますよ。


 木曽三川フォーラムが10年以上続きましたが、昨年の4月より活動を中止して、新しい組織が出来るか1年間かかって、やっと「新生木曽三川フォーラム」が 5月29日(土)13:00より(各務原市川島笠田)の水辺共生体験館で総会が開催されます、川に関心のある方は是非参加をお願いいたします。



kisosansen.jpg
  • kisosansen-1.jpg
    kisosansen-3.jpg
  • kisosansen-2.jpg
    • kisosansen-4.jpg
    • kisosansen-5.jpg
    kisosansen-6.jpg
    みなさん、29日は是非来てくださいね。
    木曽三川には、河口堰問題、導水管問題、河川整備計画等、色々な問題を持っています、是非皆さんの力で、木曽三川を良い方向に持っていきましよう。
     反対だけでは、問題解決には成りませんよ。


    • Comments (Close): 0
    • TrackBack (Close): 0

    今日も寒かったですね。

    hinode-3-1.jpg
    今朝も素晴らしい日の出でしたよ、まだまだ日の出の時間は遅くなりますが、日の入りは少しずつ長くなってきましたね、5時近くまで明るいですがまだ春は遠いですね。



    hinode-1.jpg今年も、蛇口が凍り氷柱が出来ました、ついでに私も上下に映っていますよ、これも便乗ですね。



    hinode-3.jpg
    hinode-4.jpg
    今日は、高賀山もはっきり出ていましたよ。



    hinode-5.jpg
    朝霧に霞む長良地区、高富辺りからガスが流れ出ていますか。



    hinode-6.jpg
    今日は、雲海の上に恵那山がはっきりと浮かんでいました。写真をクリックしてみてね。



    hinode-7.jpg
    今朝は、名古屋駅周辺のビルも一宮タワー・木曽川もよく見えました。これも写真をクリックしてね。


    hinode-8.jpg
    岐阜公園の三重塔と右上の赤い木は、金華山の冬の名物風景の「タマミズキ」の実です、車を運転していてもこれから金華山の至るところうで見えますよ。



    hinode-2.jpg
    皆さん、これは発掘で見つかった千畳敷の戦国時代の井戸です。
    「戦国時代に斎藤道三や織田信長が、山頂の城と共に山麓に建設したとみられる居館区域に当たる場所で、この井戸は平成十一年の発掘で見つかったものを復元したものです。
    発掘した際は、石積した際は、石積みの基礎に松の角材4本が。井桁に組み合わされて敷かれ、井戸底にサワラとヒノキで作られた桶が埋まっており、当時はこの桶に水が溜められていたことが伺われます。」


    hinode-1.jpg再度出てきましたね、御免なさい。



    hinode-3.jpg
    これが発掘された、井戸の実測図ですが一部は復元してあります。
    全ての写真をクリックしますと、写真が大きくなりますが、試してみてください。



    • Comments (Close): 0
    • TrackBack (Close): 0

    4年ぶりの続きですよ。


    koteidaria-22.jpg長良川上流部を望む、真下は鵜飼大橋が少し見えますよ。



    koteidaria-23.jpg
    城の真西より、鷺山・岐阜市奥、真下には長良川・メモリアルが望まれます。



    koteidaria-25.jpg山頂より、加納地区を望み遠くには木曽川が白く光って見えますよ。



    koteidaria-26.jpg

    今朝の岐阜城です、まだ昨日の雪が屋根に残っています、本当に寒かったです。



    • Comments (Close): 0
    • TrackBack (Close): 0

    4年ぶり積雪20㎝、山も街も銀世界、今日の最低気温-3℃だよ

    koteidaria-20.jpg
    • 19日には見えなかった、木曽川・ツインタワー今日はよく見えましたよ、でも街中が冷え切っていました。



            下の写真は、尾崎方面を望みました。

    koteidaria-21.jpg
    • Comments (Close): 0
    • TrackBack (Close): 0

    !長良川源流ツアー!

    「森・川・海、くらしの中の水」岐阜県地球環境課の主催で11月4日に実施されました。
    1日ガイドとして柴田甫彦が同行しました。今回のキーワードは「長良川の源流には3つの源流がある。」
    8:30分に県庁を出発、各務原I.Cから郡上八幡へ


    hachimann-3.jpg
    9時30分に八幡に到着


    hachimann.jpg宗祇水を見学。



    hachimann-1.jpg
    最近は、川の水量が大変少なくなってきました。昔の洗い場を見に行きました。


    hachimann-2.jpg水の町八幡には、至る所に水路がありその一つを見に行きました。
    「いがわこみち」を散策。

    郡上八幡を9:50に出発しました、また高速でね。一路白鳥町へ



    nagataki.jpg
    10時30分に長滝神社に到着、白山信仰について若宮宮司さんの話を聞く。
    10分ぐらいで、若宮家に移動。


    nagataki-3.jpg
    この建物が、天明5年の建築された若宮家の母屋であります。


    nagataki-4.jpg
    これが、若宮家に伝わる白山曼荼羅絵図です。


    nagataki-5.jpg
    これも若宮家に伝わる、香時計です。(香が燃える長さで時刻を知る時計です。日本では、江戸時代にさかんに造られた時計の1つ。灰を敷き詰めた香盤に筋をつけ、筋に香を埋めて端から火をつけます。)


    表示
    この表示をクリックしてくださいね。


    nagataki-7.jpg
    夫婦滝にやってきましたが、雨不足でそうめん瀧のようですね。

    nagataki-8.jpg
    夫婦滝入り口の紅葉ですが、少し遅かったです。 


    nagataki-9.jpg


    nagataki-8-1.jpg






    紅葉の、阿弥陀ケ瀧とは、また紅葉の分水嶺とは行きませんね。


    nagataki-10.jpg紅葉末期の叭谷です、寂し買ったです。水の旅も終わりになりました。


      nagataki-11.jpg

    朝見た白山は、真っ白でしたが4時頃ひるがの高原スマートI.Cから見た、白山はほぼ雪は消えかけていましたね。
    一路岐阜県庁に向けて、バスは直進でした。17時30分頃無事に到着しました。
    • Comments (Close): 0
    • TrackBack (Close): 0

    大変秋らしくなりましたね

    今朝の日の出前の長良川です。

    kinnkasann.jpg真っ赤に朝から、燃えましたね。


    kinnkasann1.jpg
    順番を間違えました、この写真の方が時間は早いです、御免なさい。

    kinnkasann2.jpg岐阜城にも、朝日が燃えています、これからは夜明けが楽しみです。


    kinnkasann3.jpg
    10月24日から岐阜公園で菊人形展が、始まりました。
    これは、中央が信長、左はフロイスだそうです。



    kinnkasann4.jpg
    岐阜城入り口の門番だそうです、頑張って下さいね。


    kinnkasann5.jpg信長と濃姫だそうです。


    kinnkasann6.jpg
    素晴らしいですね、一度で良いからこんなの育ててみたいもんですね。
    今年は、暖かいようで菊の開花も早いですね。
    でも、明日が一泊二日で冬将軍がお見えになるそうです、大いに歓迎してやって下さい。
    では、近いうちに続きますことを祈って下さい。



    • Comments (Close): 0
    • TrackBack (Close): 0

    長良川の源流は何処かな? "皆さんご存じかな"

    nagaragawa7.jpg
    この絵図は高鷲村ホームページより
    郡上市高鷲町全体の絵図です、高鷲町は三っの白で有名な所です。1つはこの絵図にもあるように白い大根。2つには白い牛乳。3っには白い雪が売り物の町ですよ。またここには長良川源流が何処かにありますよ、一度行って探してみてください。
      

    nagaragawa10.jpgこれは、白山美濃馬場です。
    白山には、3っの馬場が有りその1つです。
    白山3馬場とは、
    ※越前馬場・白山平泉寺(現・玄成院、白山神社)勝山市にあります。平泉寺参道は鬱蒼と茂る見事な老樹並木が約900m にわたり続いている。この並木を菩提林と言う。菩提林の入り口には右に「白山国立公園」、左に「日本の道100選『道』中宮平泉寺参道」の碑が建立されている、境内・参道ともに全国的にも有数な所であることがわかる。一度行って見てください。
    ※加賀馬場・白山本宮(現・白山比咩神社)。中宮・筍笠中宮神社  本馬場なり。
    加賀禅定道について、加賀馬場からの白山登拝道は加賀禅定道に加え、現在は、岩間道・岩間新道・中宮道がある。
    ※美濃馬場・白山中宮長滝寺(現・長滝白山神社)。麓の宮・白山仲居神社。
    美濃馬場と禅定道について。石徹白集落から2㌔ほど北上し、白山に最も近い集落・上在所へ注連縄をくぐりって入る。上在所は神道を信奉する集落であり、集落の正面が中品中生の額を揚げていた白山中宮神社である。



    nagaragawa9.jpg
    長滝神社(六日祭)で有名です。毎年1月6日13時~15時「延年の舞いの途中からはじまる『花奪い』が有名です」。


    nagaragawa.jpg
    この勇壮な滝は、国道156線沿いにある駒ケ滝である。冬温度が大変下がるときは凍結します。



    nagaragawa2.jpg
    叺谷に途中にありこれも駒ケ滝のすぐ上にある、国道156線より50m位登った所にあります。
    夫婦滝であります。


    nagaragawa1.jpgこの碑の下から大日岳の伏流水が湧いています、国道と夫婦滝の中間にあります。



    nagaragawa5.jpgひるがの高原にある、分水嶺です。左が太平洋、右が日本海ですよ。



    nagaragawa6.jpg
    この分水嶺一帯を分水嶺公園として整備されています。



    nagaragawa11.jpg
    ひるがの高原にある、叺渓谷入り口の碑です。



    nagaragawa12.jpg
    叺谷、この滝の上流が長良川の源流と言われているが、如何ですか?
    白山信仰では、阿弥陀ケ滝の上流に源流有り。
    鷲ヶ岳の北に見当山(みあてやまか、けんとうざんか)から流れる本谷が源流か、皆さん調べて下さい。
    大変ですね。阿弥陀ケ滝を忘れましたよ。


    nagaragawa4.jpg岐阜県下一番かな、勇壮な阿弥陀ケ滝です。
    この上流も長良川の源流だぞ、信じるかな?



    nagaragawa8.jpgこれはおまけです。4月に高速道路蛭ヶ野サービスエリヤからの大日岳の雄姿です。
    今回の旅はこれで終わりですが満足していただけましたかな?


    • Comments (Close): 0
    • TrackBack (Close): 0

    第3回環境市民の会が長良川河畔の竹林で開催されました。

    takenokomaturi01.jpg
    環境市民ネットワークぎふと風と土の会主催で「竹の子まつり」が6月7日(日)に細江岐阜市長・伊藤人・自然共生部長を招いて、盛大に開催されました。この写真にもありますが長良川の竹林・水道山で「ヒメボタル」が多く確認されています。今福井県でDNAの鑑定をお願いしていますが、分かりしだい皆さんに報告しますので期待していてください。
    この「ヒメボタル」の生息数は大変な数ですよ、地元の古老に聞きますと以前からいるようです。

    takenokomaturi.jpg竹の子まつりの様子です。


    takenokomaturi02.jpg竹墨を焼く様子です、参加して竹墨をいただいて家の玄関に飾っては如何ですか。


    takenokomaturi03.jpgこれは、青竹で竹の子ご飯を炊く様子です、参加された方は全員食べることが出来ます昼ご飯が家族で参加すると一食節約できます、また竹林で生えている竹の子も自由に持ち帰ることも出来ますよ。


    takenokomaturi04.jpg子ども達は竹細工に夢中ですよ、親さんも一緒にね。


    takenokomaturi05.jpg竹トオンボ、竹箸、竹のコマ、竹笛等いろいろな竹細工が体験できますよ、来年は皆さん是非参加してくださいね。

    takenokomaturi07.jpg細江岐阜市長子ども達のコマ回しを見学かな?


    takenokomaturi06.jpg市長もコマ回しに参加ですね、見ているだけでは物足りませんかな?


    takenokomaturi08.jpgあれ、細江市長一足先に竹の子ご飯を食べていますね、さぞおいして事でしょう。
    毎年この「竹の子まつり」は6月第1日曜日に10時から15時まで開催されていますから、来年も是非参加してみては、誰でも申し込みなしで参加できますから、参加しましょう。


    • Comments (Close): 0
    • TrackBack (Close): 0

    鵜塚を知っていますか?

    毎年鵜飼が終了しますと始めに日曜日に、鵜飼関係者等により鵜の供養が営まれます。それが今日10月19日に厳かに行われました。皆さん鵜塚は長良にありますが、ご存じですか。


    uzuka kuyou.jpg

    uzuka kuyou usyoutashi.jpg
    鵜匠6名も神妙な面持ちですよ

    • Comments (Close): 0
    • TrackBack (Close): 0

    長良川の鵜飼いが閉幕しました

    10月15日は、長良川の鵜飼いの閉幕と十五夜お月様と一緒になって、大変すばらしい夜でした。でも、昔から鵜飼は、満月の日はお休みですが、世の中は変わりましたね。


    ukai.jpgすてきな、十五夜でしたが鵜飼はお休みにならなかったのですか?


    jiugoya.jpg


    • Comments (Close): 0
    • TrackBack (Close): 0

    長良川にも秋の訪れ

    落ち鮎には、色々な漁がありますが、「ヤナ漁」「ガリ漁」「火ぶり漁」等色々ありますが、その中でも長良川に残る、(瀬張り網)が始まりましたよ。


    noboriwotiryo.jpg


    • Comments (Close): 0
    • TrackBack (Close): 0

    Index of all entries

    Home > Nature(自然) > 長良川 Archive

    Search
    Feeds

    Return to page top